About me

コーヒー焙煎作業

生まれながらの知的障害。障害があるとはっきりしたのは、3歳の時でした。思い起こせば、生まれてまもなく、おっぱいの飲み方にも違和感を持っていました。毎回、生まれたての赤ちゃんのように、必死でおっぱいを探すのでした。いつもはおとなしく、あまり夜泣きもしないのに、おっぱいの時間とみるや、力いっぱいのけぞって、あさっての方向に向けた口をおっぱいに持ってくるのが一苦労でした。そして目をつぶってひたすら飲み続け、飲み果てるとゲップもせずに、そのまま寝てしまうのでした。今でも食べることは、人一倍、関心がありますが、決してグルメではなく、なんでも「おいしいです」と言ってくれます。作る方としてはそれが、せめてもの救いです。

障害を克服しようと、療育以外にも、一般的ではない色々な治療法(サプリメントから聴覚刺激療法、脳波刺激など)を試しましたが、結局、どれもさほど効果なく。知的レベルはかなり低い方(IQ31)。ただ、素直なことが取り柄です。絵を描き始めたのは、6歳ぐらいから。小さい頃はもう少し複雑な線を描いていましたが、年をとるごとに、絵はシンプルになっていくような気がします。かわいらしく、シンプルな絵が特徴です。書道と絵画を10歳ぐらいから習っていて、墨と絵の具で墨彩画もたくさん描いています。

英語が大好きで、普通の人が知らないようなマニアックな英語もたくさん知っています。英語は日本語よりもひとつの単語の中に使われる母音の数が少ないので、聞き取りやすかったのがきっかけですが、英語を知っていると、いろんな人に褒められるので、学校でもみんなに褒められて、より好きになりました。日本語の本(絵本も含め)には興味がないくせに、英語の辞書は時々、ひいています。

絵画は、世界的にも活躍されている前衛画家、稲憲一郎先生が主宰する絵画教室に10歳から、書道も、ダウン症の天才書道家として有名な金澤翔子さんの教室に10歳から通い続けています。

受賞&活動歴:
2022年:SATOYAMA&SATOUMIに行こうアート展入選『海は広いな大きいな』
2022年:数社の2022年カレンダーに採用『かぼちゃ、かぶ』
2021年:ゆうきのつばさアート展入選@アトレ目黒
             『スペシャルオリンピクス世界大会の思い出』『医療従事者の方への感謝』
2021年:パラアートTokyoにて「パラアート賞」受賞『蒼海帖(対聯)』
2021年:日本フィランソロピー協会のフィランソロピー名刺に作品5点が採用
2021年:新宿あした会会報誌「かけはし」の題字を書く。
2020年:一音会ミュージックスクールピアノ発表会表紙『ベートーヴェン』
2020年:一音会ミュージックスクールフォルテの会表紙『森の音楽会』
2020年:パラアートTokyo2020第7回国際交流展入選『踊るダウンジャケット』
2020年:ゆうきのつばさアート展入選@アトレ目黒『鮨くいねぇ』
2019年:東京都障害者総合美術展入選『龍』
2019年:一音会ミュージックスクールのピアノ発表会表紙『バッハ』
2019年:4人の作家によるアートクラフト展@大坊本行寺『そよ風のダンス』『ウニ』『鬼ゆず』『ほおづき』
2019年:公益財団法人東京しごと財団「東京ジョブコーチ」のニュースレター表紙『オーケストラ』
2018年:銀座ギャラリーにて、「10人のアーティストによるグループ展」『ウニ』『鬼ゆず』『ほおづき』
2018年:東京都障害者総合美術展入選『カブがいっぱい』
2018年:「里山里海へ行こう」アート展入選『ひまわり』
2017年:日本学生書道文化展覧会 連盟賞受賞『歓喜』
2016年:パラリンアート作家登録
2016年:Tokyo Brut@なかのZERO 『亀』『鬼ゆず』『かぼちゃ』『さくら@神田川』『洋ナシ』
2016年:日本学生書道文化展覧会 特選受賞『龍虎』
2015年:日本学生書道文化展覧会 金賞受賞『嵐』
2014年:日本学生書道文化展覧会 連盟賞受賞『至誠』
2012年:竹宝堂絵画コンテスト中学生の部大賞受賞『動物園』

学校:
筑波大付属大塚特別支援学校幼稚部・小学部
新宿区立東戸山小学校特別支援学級
都立中野特別支援学校中学部
都立練馬特別支援学校高等部
などに在籍。現在、新宿あした会西早稲田あした作業所に通所。